京の鯖寿司

トップに戻る

発行日 平成24年1月1日

楽天市場 京都美味倶楽部

★京都美味倶楽部のショッピング★★鯖寿司★★★

鯖街道花折・鯖姿寿司

京都の寿司と言えば、鯖寿司や鱧の箱寿司、ばら寿司などが思い浮かぶ。すぐ目の前が豊かな海で新鮮な魚が手に入った江戸とは異なり、海が遠かった京都では、塩と酢で締めた寿司や具材に火を通して味を付けた寿司の文化が発達した。なかでも鯖寿司は、京都の寿司の王様である。

寿司の歴史を辿ると、長らく日本人は魚を発酵させたなれ寿司を食べていた。京都でもなれ寿司を食べていた。鯖もなれ寿司の形で食べていたのだろう。なれ寿司の文化は今も全国に残っており、京都府内にも残っている。現在の京都で食べているような形の寿司が誕生したのは江戸時代で、鯖寿司が誕生したのも江戸時代のようである。家庭や地域で主にハレの日に食べられていた鯖寿司を、専門的に作り始めたのは天明元年(1781年)創業の名店「いづう」である。

出町橋西詰・鯖街道口碑

京の鯖寿司を語る上で欠かすことができないのが、鯖街道だ。若狭湾で獲れた鯖を、小浜から京まで運んだ街道である。

鯖街道は複数あったと言われているが、メインとなったのは若狭街道である。古代より京へ海産物を運んでいた小浜周辺には「京は遠ても十八里」という言葉があるが、起点の小浜から終点の出町(京の七口の大原口)までおよそ80キロの道のりを、鯖を負って歩いて運んだ。鯖は傷みが速いので塩をして鯖街道を歩いて運ぶと、二日から三日の行程でちょうどいい塩加減になった。この塩鯖を棒寿司にしたのが鯖寿司である。賀茂川にかかる葵橋の西の袂に鯖街道口の石碑があり、出町桝形商店街の入口付近の歩道にも鯖街道の表示板が嵌め込まれている。

出町桝形商店街・さば街道プレート

あまり青魚を食べない京都人が、鯖だけは別格として愛してきた。京都では葵祭や祇園祭に鯖寿司を作るが、一年を通じて鯖寿司やきずし(しめさば)を家庭でもよく作る。魚屋やマーケットにも鯖寿司やきずしを置いている。そして京都の寿司屋や日本料理店には、高級なものから庶民的なものまで、それぞれの店の味と個性を持った鯖寿司の名品逸品がひしめき合っている状態だ。鯖寿司はまさに京都人の代表的なソウルフードなのである。鯖街道に接する美山や久多などのようにハレの日の料理として鯖のなれ寿司を食べるところもあるし、また丹後には鯖のそぼろを使ったばら寿司や焼き鯖寿司もある。これらもまた京都の鯖寿司と言えるだろう。

それでは、京の鯖寿司の名店を厳選してご紹介しよう。


skip

凡愚

西舞鶴・凡愚

西舞鶴の真ん中にあるカジュアルな割烹が出す焼き鯖寿司1000円。ほぐした焼き鯖を箱寿司にしたタイプのもので、ガリとゴマが挟んである。脂が乗り、塩味もちょうどよく、厚めの8切れとボリュームもあって、これで1000円は安い。(相)

住所舞鶴市北田辺170-7地図へ
TEL0773-77-1490
営業時間11:00〜23:00
定休日元旦のみ
評価☆☆
駐車場あり
予算1000〜2000
WEBサイト
掲載平成29年8月14日

skip

いさみ寿司

烏丸御池・いさみ寿司

烏丸御池からすぐにある気軽に利用できる大衆的寿司屋の鯖姿寿司、半分1750円。和菓子のような京風の鯖寿司ではなく、ご飯を堅く握り、塩と酢をしっかりきかせて、日本酒の香りがする、野趣のある鯖寿司で、これはこれで美味い。(相)

住所京都市中京区笹屋町446地図へ
TEL075-221-4860
営業時間11:00〜22:00
定休日
評価☆☆
駐車場なし
予算1750〜3500
掲載平成29年7月7日

skip

二條 葵月

二条富小路・二條 葵月

市役所からほど近い二条通にある寿司屋の炙りさば寿し1本2500円。脂ののった上等な鯖を使っているが、炙ることによって脂の旨みが際立つ。鯖とシャリの間にガリだけではなくザーサイが挟まれていて、面白いアクセントになっている。(相)

住所京都市中京区晴明町659地図へ
TEL075-708-2202
営業時間12:00〜14:30
17:00〜22:00
定休日不定休
評価☆☆☆☆
駐車場なし
予算2500
WEBサイト
掲載平成28年9月11日

skip

八瀬大岩 出町店

出町・八瀬大岩 出町店

八瀬の京料理店が、鯖街道の終点の出町に出しているテイクアウト専門の寿司店の鯖寿司、半分1500円。脂ののった鯖を使い、酸っぱいぐらいに酢がきいている。色々な寿司を気軽に買え、利用しやすい。銀閣寺・岩倉にも同様の店舗がある。(大)

住所京都市上京区青龍町243地図へ
TEL075-212-8171
営業時間10:00〜18:00
定休日
評価☆☆
駐車場なし
予算1000〜3000
WEBサイト
掲載平成27年4月18日

skip

いづ源

高倉綾小路・いづ源

高倉綾小路にある大正創業の京寿司の店。伝統的な箱寿司数種と巻寿司、それに鯖寿司を二切れ盛り込んだ、その名も京寿司1400円。箱や巻もそうだが、薄味であっさりした上品な鯖寿司。通し営業で値段も安く、京寿司が気軽に楽しめる一軒。(相)

住所京都市下京区竹屋町391地図へ
TEL075-351-2516
営業時間10:00〜19:30
定休日
評価☆☆
駐車場なし
予算1000〜3000
WEBサイト
掲載平成27年1月3日

skip

千登利亭

祇園・千登利亭

創業明治32年の祇園にある名店の、京寿司の伝統を伝える現代の名工が作る鯖寿司6切1980円。やや小ぶりな鯖寿司はしっかり締めてあり、特に京都の鯖寿司では塩が強いのが特徴で、旨みとともにきりっとした味に仕上がっている。(大)

住所京都市東山区六軒町203地図へ
TEL075-561-1907
営業時間11:00〜20:00
定休日
評価☆☆☆
駐車場なし
予算1980
WEBサイト
掲載平成26年10月8日

skip

うを亀本店

南丹市・うを亀本店

国道9号線沿いの園部郵便局隣りにある地元で人気の割烹料理店のサバ棒寿司大3150円、中2625円。上質の鯖を使い、白板昆布が載っている。酢は強くなく、甘めな味付け。ご飯の量がしっかりあり、食べ応えがある。(大)

住所京都府南丹市園部町上本町南2-18地図へ
TEL0771-62-4428
営業時間11:00〜15:00
17:00〜23:00(日祝〜22:00)
定休日月・第3日
評価☆☆
駐車場あり
予算3000
WEBサイト
掲載平成25年10月22日

skip

醪音六角店

柳馬場六角・醪音

伏見の英勲の蔵元、齊藤酒造直営の居酒屋が作る焼き鯖寿司。身の厚い旨み十分の鯖を使い、皮目は焼いていない生鯖寿司のように見える焼き方が特徴。3貫700円、1本1800円。焼き鯖寿司はランチの六角御膳やチョイ呑みセットにも付く。(大)

住所京都市中京区井筒屋町418-1地図へ
TEL075-211-1563
営業時間11:30〜15:30
16:00〜23:00
定休日不定休
評価☆☆
駐車場なし
予算500〜1800
WEBサイト
掲載平成25年10月18日

skip

朝日屋

八幡市・朝日屋

京阪八幡市駅と男山ケーブル乗り場前にある創業百年以上の料理屋。名物鯖の棒寿司は脂の乗り切った鯖を選び、それほど強くしめず、鯖本来の美味さを引き出している。1本2980円、3分の2の小2100円。店内では3貫980円で頂ける。(相)

住所八幡市八幡高坊11-4地図へ
TEL075-981-3202
営業時間11:00〜11:00
定休日
評価☆☆
駐車場なし
予算1000〜2000
WEBサイト
掲載平成25年10月14日

skip

まとゐ鮨

祇園・まとゐ鮨

祇園にある昭和13年創業の江戸前にぎりと京ずしの両方を出す寿司屋のさば寿司1本2000円、2分の1本1000円。塩気は薄めで、あっさりとした軽い味わい。格式張らない雰囲気で入りやすい店で、他の寿司も美味しい。(大)

住所京都市東山区八坂新地末吉町102地図へ
TEL075-561-0543
営業時間17:00〜26:30
定休日日祝
評価☆☆
駐車場なし
予算1000〜2000
WEBサイト
掲載平成24年12月4日

skip

まんざら本店

河原町通夷川上がる・まんざら本店

河原町夷川上るにある、京都市内に10店舗ほど展開する和食屋の本店。本店の名物あぶり鯖寿しは1本8切れで1800円。皮目を炙り、中はレアで、しっかり京の鯖寿司らしさも残している。挟んだ青紫蘇と柴漬けがアクセントになっている。(大)

住所京都市中京区指物町321地図へ
TEL075-253-1558
営業時間17:00〜24:00
定休日無休
評価☆☆☆
駐車場なし
予算1800
WEBサイト
掲載平成24年9月13日

skip

末廣

寺町二条・末廣

天保年間創業の老舗寿司屋のさばずし一人前1850円。酢は強くなく、米のほのかに発酵した甘さと鯖の脂の甘さが絶妙な加減で、大変美味しい。店で頂くと、皮のある部分とない部分を適当に配分して切込みが入っているのが特徴。(大)

住所京都市中京区要法寺前町711地図へ
TEL075-231-1363
営業時間10:00〜19:00
定休日
評価☆☆☆☆
駐車場なし
予算1000〜4000
WEBサイト
掲載平成24年4月25日

skip

京寿司 大善

丸太町御前・京寿司 大善

丸太町御前にある関西寿司店が出す鯖姿寿し、半分6切れで1575円。身は適度に厚く、締めは強くないが、生の感じはなく、ちょうどいい味だ。堅い昆布が巻いてあり、これを外して頂く。ご飯の量が多いので、半分で十分ボリュームがある。(大)

住所京都市上京区下之町418地図へ
TEL075-822-0099
営業時間11:00〜21:00
定休日
評価☆☆
駐車場なし
予算1575〜3150
掲載平成24年3月30日
嵐山に移転

skip

畠中商店

錦市場・畠中商店

錦市場の魚屋が出す鯖寿司。酢が十分にきいた、甘みの強い味付けが特徴。鯖の厚みはないが、白板昆布がのり、ご飯とのバランスが絶妙に仕上がっている。形は洗練されていないが、一本1800円という廉価で京の一流の味を頂ける穴場的一軒。(大)

住所京都市中京区中魚屋町489地図へ
TEL075-221-0843
営業時間9:00〜18:00
定休日
評価☆☆☆
駐車場なし
予算1800
掲載平成24年1月1日

skip

祢ざめ家

伏見稲荷・祢ざめ家

創業天正20年(1592)。伏見稲荷の参道にある、太閤秀吉から名前を賜ったという由来を持つ老舗。雀の焼き鳥が有名だが、鯖寿司が美味いことでも知られる。ご飯が少々強いことがあるが、鯖の締め方は非常にいい。場所柄、外せない稲荷寿司も入ったすし三種盛で楽しむといいだろう。(相)

住所京都市伏見区深草稲荷御前町82-1地図へ
TEL075-641-0802
営業時間9:00〜18:00
定休日不定休
評価☆☆
駐車場なし
予算880〜1400
掲載平成24年1月1日

skip

きくもと伏見店

伏見桃山・きくもと伏見店

祇園のきくもとと共に、宇治黄檗にあったきくもとの暖簾を受け継ぐ一軒。平成21年に六地蔵から現在地に移転。特製昆布巻き鯖寿司3800円。酢の締め方は祇園店よりやや軽いが、いずれ劣らぬ逸品だ。こちらも昆布のまま頂いても美味しい。(相)

住所京都市伏見区両替町4丁目305地図へ
TEL075-603-0822
営業時間11:00〜14:30
17:00〜22:00
定休日無休
評価☆☆☆☆
予算3800
駐車場なし
WEBサイト
掲載平成24年1月1日

skip

満寿形屋

出町桝形商店街・満寿形屋

鯖寿司で知られるうどん屋。鯖街道の終点に当たる出町桝形商店街入口付近に位置し、元祖鯖寿司を名乗る。うどんに鯖寿司二切れ700円を付ける客が多い。鯖寿司は塩・酢とも浅めで、白板昆布の間に挟んだ山椒の葉がアクセントになっている。(大)

住所京都市上京区二神町179地図へ
TEL075-231-4209
営業時間12:00〜18:00
定休日
評価☆☆
駐車場なし
予算1000〜3500
掲載平成24年1月1日

skip

いづ重

祇園・いづ重

いづうの暖簾分けで、創業百年、祇園石段下には昭和23年に開店した老舗。昆布はいづうの半分ほどの厚さで、同じく外して食べる。塩・酢とも薄く、上品で洗練された味。丸い形は芸術的。店内で鯖寿司や鯖寿司入り盛り合わせを気軽に頂ける。(大)

住所京都市東山区祇園町北側292地図へ
TEL075-561-0019
営業時間11:00〜20:00
定休日
評価☆☆
駐車場なし
予算1400〜4000
WEBサイト
掲載平成24年1月1日

skip

鯖街道花折

出町柳・鯖街道花折

葵橋の東袂、鯖街道沿いにある有名鯖寿司店。塩が強く、酢は利いているが甘みは少ないのが特徴で、白板昆布がのる。身が厚い鯖を使い、食べ応えがある。店では鯖寿司3切れに小鉢・吸い物のセットが1780円で頂ける。一本4830円。(大)

住所京都市左京区下鴨宮崎町121地図へ
TEL075-712-5245
営業時間9:00〜18:00
定休日1月1日
評価☆☆
予算1780〜4830
駐車場なし
WEBサイト
掲載平成24年1月1日

skip

きくもと

祇園・きくもと

昭和35年に宇治黄檗で創業したきくもとの暖簾を受け継ぐ店で、昭和48年に祇園に出店。鯖寿司5000円は少し薄めの酢昆布のような昆布が巻いてあり、本来は外して頂くのだが、一緒に頂くのがベスト。口当たりの良い、和菓子の如き逸品。(相)

住所京都市東山区三吉町334地図へ
TEL075-525-1215
営業時間12:00〜24:00
定休日日(祝日は不定休)
評価☆☆☆☆☆
予算5000
駐車場なし
掲載平成24年1月1日

skip

伊豫又

錦市場・伊豫又

元和三年、初代が伊予から京に上り、代々伊豫屋又兵衛を襲名、現当主は二十代目という老舗寿司屋。鯖寿司はバランス的にご飯が多く、しっかりと押してある。ご飯も含めて酢がきいており、鯖の脂っこさを抑えている。半分6切れで2000円。(大)

住所京都市中京区東魚屋町197地図へ
TEL075-221-1405
営業時間10:00〜19:00
定休日
評価☆☆☆
駐車場なし
予算2000〜4000
WEBサイト
掲載平成24年1月1日

skip

本家重兵衛

祇園・本家重兵衛

長らく営業していた祇園から最近錦小路室町に移ったが、昔から鯖寿司でも知られている寿司割烹。一般的な京の鯖寿司の中では酢がよくきいているのが特徴で、白板昆布をのせたバッテラ風の鯖寿司。1人前6切れ1890円。(相)

住所京都市中京区占出山町310-6地図へ
TEL075-561-2698
営業時間11:00〜22:00(土日祝10:00〜)
定休日
評価☆☆
予算1890〜3780
駐車場2台
WEBサイト
掲載平成24年1月1日

skip

いづう

祇園・いづう

元明元年(1781)創業の京鯖寿司の代名詞と言える名店。最高の鯖を使い、いづう専用の酢でしっかりと締めてあるが酸っぱくはなく、鯖の旨みを引き出した絶妙のバランスの逸品。巻かれた堅い昆布を外して頂く。1本4410円。(大)

住所京都市東山区清本町367地図へ
TEL075-561-0751
営業時間11:00〜23:00(日祝〜22:00)
定休日
評価☆☆☆☆
予算2205〜4410
駐車場なし
WEBサイト
掲載平成24年1月1日

TOP全店名リストエリア別リストメニュー特集掲載店美味掲示板

洋食和食中華定食屋そばうどんラーメン焼肉・韓国料理各国料理
カレーとんかつ・串揚げお好み焼・焼きそば・たこ焼テイクアウト・お弁当
パンフレンチイタリアン洋菓子・スイーツ甘味・和菓子

そば処京都懐かしの洋食屋京の鯖寿司

亀岡の使えるお店宇治マジやばい味舞鶴はウマイづるたらふく福知山今日は綾部でごはん木津川ならこの店かも

オムライスカレーうどん担担麺親子丼天丼餃子スペシャリテ

Copyright(c) H17〜 Kyoto Bimiclub. All rights reserved.

アクセスカウンタ