懐かしの洋食屋

トップに戻る

発行日 平成17年4月12日

楽天市場 京都美味倶楽部

★京都美味倶楽部のショッピング★★洋風料理・惣菜★★★

洋食とは、明治時代の日本人が西洋料理を摂り入れる際に、主食のご飯に合う惣菜として、自文化にとって違和感のないものに工夫した、日本独自の食文化である。その後、明治・大正・昭和と百年にわたって、洋食は日本の料理ジャンルの一つとして発達してきた。一九七〇〜八〇年代以後の大衆消費社会の発展によって、ファミリーレストラン、コンビ二、ファーストフードが一般化する一方で、フレンチやイタリアンなどの本場の西洋料理が日常的に普及するに伴ない、洋食は少しレトロな日本の伝統文化になったといえるだろう。「懐かしの洋食屋」と題する所以であるが、洋食は日本人になじみ深い家庭料理(カレーライス、フライ、ハンバーグ)でもあり、じっくりと丁寧に作られた手作りの洋食が今ふたたび見直され、注目されはじめている。

グリル生研会館・Bランチ

洋食の歴史は東京・銀座からはじまる。現在洋食の定番メニューになっているものを数多く生み出したのが、銀座にある明治二十八年創業の名店「煉瓦亭」だ。

たとえば、洋食の基本である揚げ物。「煉瓦亭」はビーフコートレットを応用したポークカツレツを考案し、これが大当たりして、エビフライ、白身魚のフライ、カキフライなど、次々と揚げ物メニューを生み出した。ポークカツレツに千切りキャベツを添え、ウスターソースで食べるというおなじみのスタイルも「煉瓦亭」がはじめたものだ。ハヤシライスやオムライスも「煉瓦亭」で誕生したといわれている(このオムライスは卵とご飯を混ぜたオムレツタイプのもの)。

大正から昭和にかけて、とんかつ、コロッケ、カレーライス、チキンライス、オムライスなどを出す大衆食堂が全国に誕生し、洋食は庶民の間に急速に広がっていく。そして、デパートの大食堂も、洋食の普及に大きな役割を担った。デパートの大食堂のお子様ランチは、チキンライス、ハンバーグ、エビフライなどの洋食の定番メニューを盛り込み、子供たちを洋食の世界へ誘う夢の一皿だったのだ。

一方、昭和に入ると、とんかつのメッカである東京・上野の「ポンチ軒」が現在のタイプのとんかつを考案し、その後、多くのとんかつ専門店が誕生。洋食の日本化はここに極まったといえる。とんかつ専門店は和食に分類されることも多い。

キッチンゴン・ピネライス

西洋料理ならざる洋食の条件として第一に挙げるべきは、

「ご飯に合うこと」

これは絶対的条件である。これに準ずる指標として、「ご飯に合うこと」に関連するが、「味噌汁と漬物が付いていること」が挙げられるだろう。味噌汁と漬物が付くということは、当然、箸で食べるということでもある。すべての洋食屋に味噌汁と漬物が付いているわけではないが、雰囲気はわかってもらえると思う。つまり、庶民の洋食屋とは洋食を出す定食屋なのである。

揚げ物(カツ、フライなど)、焼き物(ソテー、ハンバーグなど)、ライス物(オムライス、カレーライスなど)と並び、もう一つ洋食で忘れてはならないものに、煮込み(シチュー)がある。洋食の煮込みの基本はご飯にも合うドミグラスソースで、ビーフシチューとタンシチューが中心メニューだが、ハヤシライスにもなり、ビフカツやハンバーグにもかけられる洋食のソースの王様だ。

京都の洋食の歴史は、東京や大阪に比べると少し地味だ。ここには、和食の本場の京都では、庶民的な町の洋食屋が東京や大阪のように一つの文化としてスポットライトを浴びてこなかったという事情もあるだろう。寺町「ムラセ」、木屋町「とんかつ一番」、下鴨「富永」、祇園「グリルたから船」など、京都の庶民的な洋食の名店人気店はかなり姿を消しているが、京都の庶民とともに歩んできた洋食屋はまだまだ残っており、廉価で美味しいものを今も提供している。

それでは、懐かしさを感じさせる京都の洋食屋を厳選してご紹介しよう。


skip

グリル小宝

岡崎・グリル小宝

平安神宮のそばにある京都人に最も愛されている老舗洋食屋。創業は昭和三十六年。
洋食の定番メニューはすべて揃っていて、ズバ抜けたところはないが、どれも心温まる美味しさだ。オムライスやハイシライスで有名で、普通盛りで十分にボリュームがあるが、大盛りにするとボリュームに驚く。エビライスやビーフライスもお薦め。
近くに美術館・図書館・能楽堂・コンサートホールなどがあり、その帰りに寄る人も多い。ランチ時は混み合うので避けた方が無難だろう。(相)

評価☆☆☆☆
住所京都市左京区岡崎北御所町46地図へ
TEL075-771-5893
営業時間11:30〜22:00
定休日
駐車場なし
予算1000〜2000
掲載平成17年4月12日

skip

金平

河原町丸太町・金平

河原町丸太町の交差点近くにある京都を代表する老舗洋食屋さんです。創業は昭和三十二年で、民芸風の建物が特徴です。
金平と言えばこれというほどここのタンシチューは有名なのですが、少し苦味のある濃厚なドミグラスソースに柔らかく煮込まれたタンがからみ、美味しい一皿です。このドミグラスソースを使ったハヤシライスは、平日昼のみのメニューです。
ランチタイムが狙い目で、平日の日替わりランチは安くてお得で、味噌汁が大変美味しいです。(大)

評価☆☆☆
住所京都市上京区河原町丸太町東入ル二筋目下ル駒之町546-1地図へ
TEL075-231-3626
営業時間11:30〜20:00
定休日
駐車場なし
予算1000〜3000
掲載平成17年4月12日
閉店

skip

キッチン ゴン

西陣・キッチン ゴン

二条城の北にある洋食屋。この店でしか食べられない個性的な料理を出す名店。昭和四十五年に京都に移転するまでは東京の渋谷で洋食屋をやっていたそうだ。
おやじさんが作る洋食はどれを食べても美味しい。エビフライなども香ばしく揚がっている。
渋谷時代からのメニューだという名物のピネライスは、ハムと卵のピラフにキャベツを添え、トンカツかビフカツを乗せてカレーソースをかけたもの。足を運んだ時はついこれを注文してしまう。(相)

評価☆☆☆☆
住所京都市上京区下立売通大宮西入ル浮田町613
地図へ
TEL075-801-7563
営業時間11:00〜22:00
定休日なし
駐車場あり
予算1000〜2000
WEBサイト
掲載平成17年4月12日

skip

とんかつ一番

七条大宮・とんかつ一番

とんかつ一番は創業昭和二十四年の京都有数の老舗洋食屋でした。木屋町の本店を中心に、かつては支店が何軒かありましたが、現在は昭和三十五年開店の七条店のみが伝統と暖簾を守っています。七条大宮の交差点からすぐのところですが、裏通りの少しわかりにくい場所です。
お昼は十二時過ぎにゆっくり始まる感じです。ランチもお得ですが、夜でも高いものはありません。
懐かしくて心温まる味で、安くて美味しいという点では京都ナンバーワンクラスです。(大)

評価☆☆☆☆
住所京都市下京区黒門通木津屋橋上ル地図へ
TEL075-371-0722
営業時間11:00〜14:00
17:00〜20:30
定休日毎月第2・4・5日
駐車場なし
予算1000〜2000
WEBサイト
掲載平成17年4月12日

skip

本町亭

東山七条・本町亭

創業昭和十二年のカウンターだけの老舗洋食屋。近くには三十三間堂や京都国立博物館がある。
昔、ご馳走だった頃の洋食の懐かしい香りがあふれる料理を出す名店。ボリューム満点の揚げ物が美味しい。決して軽いとは言えないが、しかしうまい揚げ物を、生クリームを使った旨味たっぷりのまろやかなタルタルソースで頂く。至福の瞬間である。
メインを二品ないし三品選べるペアーランチがお薦め。値段もリーズナブル。
昼はサラリーマンで混み合う。(相)

評価☆☆☆☆
住所京都市東山区本町七丁目45地図へ
TEL075-561-5706
営業時間11:30〜14:00
16:00〜18:30
定休日日祝
駐車場2台
予算1000〜2000
掲載平成17年4月12日

skip

ぱ*らんて

西大路七条・ぱ*らんて

西大路七条の交差点近くにあります。創業は平成になってからですが、懐かしい感じの洋食を出すこのエリアの名店です。
ボリュームがあって美味しい日替わりのぱ*らんてランチを食べている人が多く、味噌汁をうどんに替えることもできるというのが庶民的です。ハンバーグやフライ物など洋食の基本的なものが、丁寧に、しっかりと作られています。
店内はかなり広く席数もありますが、お昼時は満員になることもあります。(大)

評価☆☆☆
住所京都市下京区西大路七条東入南側地図へ
TEL075-322-5708
営業時間11:30〜15:00
17:00〜21:15
定休日火、月曜夜
駐車場4台
予算1000〜2000
掲載平成17年4月12日

skip

西洋軒

烏丸丸太町・西洋軒

烏丸丸太町の交差点の角、京都御所の斜向かいというロケーションにある老舗洋食屋。
フライを中心に、昔風のテイストの洋食が食べられる。洋食の皿に所狭しと芋サラやお惣菜が盛られているのが微笑ましい。ほのぼのとした味で、ボリュームがあり、値段もほとんどの定食が千円以下で、学生食堂のノリだ。
客層はサラリーマン中心で、ランチ時はいつも賑わっている。通しでやっているので、遅い昼食にも使える。(相)

評価☆☆
住所京都市中京区烏丸丸太町西南角地図へ
TEL075-222-0755
営業時間12:15〜20:30
日祝日14:00〜20:30
定休日
駐車場なし
予算1000
掲載平成17年4月12日
閉店

skip

コロナ

四条木屋町・コロナ

四条河原町の阪急百貨店の裏手、西木屋町の奥まった場所にある老舗洋食屋。創業昭和二十年、戦後の京都洋食史に欠かせない一軒だ。
中央にカウンターがあり、九十歳近い老主人がすべてを取り仕切っている。
メニューは数種類しかなく、香ばしく美味しいポークカツが名物。オムレツを挟んだかのような驚きのタマゴサンドでも有名。狭い店内はお世辞にも綺麗とは言えないが、女性客が多く、分厚いタマゴサンドにかぶりついている。(相)

評価☆☆
住所京都市下京区西木屋町四条下ル地図へ
TEL075-351-0567
営業時間17:30〜21:00
定休日月火
駐車場なし
予算1000
掲載平成17年4月12日
閉店

skip

グリル生研会館

下鴨・グリル生研会館

下鴨神社を少し下がったところ、糺の森のバス停前にある創業昭和三十三年の老舗洋食屋さん。ゆったりと広くて美しい店内は落ち着いた雰囲気で、年配客が寛ぎながら食事をしています。
フライやシチューなど伝統的なスタイルの洋食が中心で、穏やかな味です。個人的には一塩足りずぼやけた感じがしますが、客層的に塩分控えめなのかもしれません。お薦めは夜でも食べられるミニステーキとエビフライのセットのBランチで、ステーキは頼めばハンバーグに替えてもらえます。(大)

評価☆☆☆
住所京都市左京区下鴨森本町15地図へ
TEL075-721-2933
営業時間12:00〜14:00(木曜昼のみ)
17:00〜20:00
定休日無休
駐車場なし
予算1000〜2000
掲載平成17年4月12日

TOP全店名リストエリア別リストメニュー特集掲載店美味掲示板

洋食和食中華定食屋そばうどんラーメン焼肉・韓国料理各国料理
カレーとんかつ・串揚げお好み焼・焼きそば・たこ焼テイクアウト・お弁当
パンフレンチイタリアン洋菓子・スイーツ甘味・和菓子

そば処京都懐かしの洋食屋京の鯖寿司

亀岡の使えるお店宇治マジやばい味舞鶴はウマイづるたらふく福知山今日は綾部でごはん木津川ならこの店かも

オムライスカレーうどん担担麺親子丼天丼餃子スペシャリテ

Copyright(c) H17〜 Kyoto Bimiclub. All rights reserved.

アクセスカウンタ